2019-06-23-17-46-26

ブラッド・ベッカーマンによって設立されたスティルハウス・スピリッツ社は、アメリカンウィスキー業界の伝統や常識を揺さぶることを目指している会社です。ベッカーマンは長い間起業家であり、スティルハウスは規範に挑戦したいという彼の願望を反映しています。彼はクリア・コーン・ウィスキーに注力し、政府からの脅威にも拘わらず我が道を往った荒くれ者のムーンシャイナーに敬意を払い、自社製品を一見オイル缶と見紛うステンレス・スチールの缶に詰め込みました。そのオリジナル・ウィスキーは2016年に発売されるとすぐに人気を博し、デザイン賞などを受賞。確かに典型的なガラス瓶との「違い」は顕著と言え、特に象徴的なチェリーレッドの缶は頗るクールでした。

基本となるムーンシャインに様々なフレイヴァーを加えたヴァリエーションも生み出してきたブランドですが、続々と製品ラインナップの拡大を図っています。2018年には黒い缶のバーボンを、2019年には白い缶のウォッカを発売しました。また2017年?頃からは、黒人のようにラップ出来る白人ラッパーであり、高身長のイケメンであることからモデル系ラッパーとも言われるG-eazyが、スティルハウス・スピリッツ社の共同クリエイティヴ・ディレクターに就任しています。ブラッドとG-eazyの二人は共にジョニー・キャッシュの大ファンで意気投合したのだとか。G-eazyは投資家としての顔も持つようで、おそらく出資者としてブランド・アンバサダー的な役割を担っているのでしょう。今回レビューする「ブラックバーボン」も発売当時、彼がPRしていました。

さて、私は以前の投稿でスティルハウス・オリジナル・ウィスキーをレビューしましたが、正直言うと中身はどうでもよくて、あのカッコいい缶が欲しくて購入しました。私は「酒飲み」と言うよりあくまで「バーボン飲み」なので、ビールやワインや日本酒も飲みませんし、なんならスコッチやジャパニーズすら好んでは飲まず、ましてやカクテルを飲む習慣はさらさらないのです。なのでミキサーと合わせることも出来ず、さりとて未熟成のムーンシャインをストレートでグイグイ飲むのも少々キツい…。おかげで消費するのに時間が掛かりました。そもそもスティルハウスのスピリッツは、食後のまったりとした時間を楽しむシッピング・ウィスキーのカテゴリーよりは、パーティー・シーンやアウトドア・ライフに焦点を合わせた製品だと思います。しかし、ブラック「バーボン」と言われたら、バーボン飲みにとっては見逃せませんよね。缶についても、赤のインパクトには敵いませんが、マットな黒がなかなかクールなのでついつい購入してしまいました。

では、ブラックバーボンとは一体いかなるものなのでしょうか。これがまたオリジナル・ウィスキーと同じくネットで調べてみても、中身については缶に貼ってあるシールの文言と同程度の情報しか出回っていませんでした。判る範囲では、コーン/ライ/バーリーのマッシュビルとライムストーン・ウォーターを使い、テネシー州コロンビアにある施設で蒸留され、新しいアメリカン・オークの焦がされた樽で熟成、その後チャコール・フィルターをかけ、焙煎したスモールバッチのコーヒー豆で「rested and mellowed」されている、とのこと。 一般的なバーボンとの違いは、このコーヒー豆云々の部分な訳ですが、漠然としていて具体的にどういう製法なのか説明がありません。おそらく「rested」は「休ませた=寝かせた=熟成させた」で、つまりは樽の中にコーヒー豆を入れ一定期間バーボンに漬け込み、味を円やかにすると同時に風味を足した、と解釈していいと思われます。どれくらいの時間なのかは定かではないし、「スモールバッチのコーヒー豆」と言うのもよく分からない用語なのですが…。まあ、飲んでみましょう。

2019-08-08-20-08-30
Stillhouse America's Finest Black Bourbon 80 Proof
SERIAL No. BB-C011-3023
推定2018年ボトリングと言うか缶詰め(?)。液体はやや濁りのある(曇った)見た目。強いて言うとゴールドに黒い曇りをかけたような色合い。黒糖ミルク、コーンウィスキー、僅かなキャラメルと微かなダークチェリー、ブラックコーヒーゼリー。さらりとしつつもとろみの強い口当たり。口中はドライ気味。液体を飲み込んだ後に来る刺激はスパイシーと言うより若いアルコールを思わせる。余韻はスモークとコーヒーの苦み。
Rating:75/100

Thought:「ローストしたコーヒー豆に浸しました」という情報を聴いた上で意識して飲んだので、上のテイスティングでは「コーヒー」とつい書いてしまいましたが、もし事前情報がなかったとしたら、私には特にコーヒーの風味とは感じられなかったかも知れません。バーボンの特徴となる焦がした新樽だって焦げた風味はありますから、どこまでが樽由来でどこまでが焙煎コーヒー豆由来かはそう明確には分からなかったのです。ただ強いて言うとコーヒーのような苦味が強いかなと思うのと、確かに通常のバーボンでは感じない風味はありました。そして寧ろ風味よりも妙なとろみを感じさせるテクスチャーの方が焙煎コーヒー豆由来なのかな、という気もします。また、このバーボンはかなり「若い」ように思いました。香りや味わいにそれを特に感じますが、なのにその若さを覆い隠すような独特のスモーク感と風味が奇妙に感じなくもなかったです。

Value:率直に言って、3~4年熟成程度の標準的なケンタッキー・ストレート・バーボンには遠く及ばない味わいでした。アメリカでの希望小売価格は750ml缶で約30ドル。それほど高いわけでもなく、缶もカッコいいし、面白い風味は感じ取れるので買う価値はあるでしょう。ただし個人的にはリピートはないです…。
あと、ちなみになんですが、私が飲んだチェリーレッドのオリジナル・ウィスキーよりもこちらのブラックバーボンのほうが缶のキャップのクオリティが高かったです。これって種類で使い分けてるのか、単に販売時期の違いなのか?