バーボン、ストレート、ノーチェイサー

◆◆FOR BOURBON LOVERS ONLY◆◆ バーボンの紹介やレビュー、レーティングなど。

タグ:プチプラリメイク

IMG_20191007_222942_074

ウィスキーやバーボンの空き瓶を使って、手軽に安くお洒落なインテリアにしようというこの企画、今回は時期的にハロウィン仕様にしてみました。使用したのはバーンハイム・オリジナル・ウィートウィスキーのボトルです。

材料は全て百均のセリアで今年販売されているもの。おそらく今なら入手は可能かと思います。

作り方というほどでもないのですが一応説明しますと、先ずは空き瓶の中にギザギザ・ガーランドを半分に切ったものをテキトーに押し込みます(笑)。ハーバリウム用として売られてる長いピンセットがあると押し込みやすいし、中のバランスも調整しやすいですね。あと、ガーランドを半分に切ったのは、全部入れて密集してしまうより瓶中に少しエアリーな感じがあったほうがいいと判断したためです。
DSC_0145
次に蝶ネクタイのデザインのヘアゴムをボトルの首に巻き付けて、小型犬または猫用として売っていた小さな帽子を飲み口に差し込みます。この帽子は中に綿が詰まっていて、被せる部分に切れ込みを付けないといけませんが、薄いフェルト素材なのでカッターかハサミで簡単に切れます。
最後に、スケルトンハンドのキーホルダーの金具を外し、猫用帽子に付いていた顎紐にチェンジしてチャームにしてみました。これがないとホラー感がゼロだったので(笑)。

もう一方のはカラーヴァリエーションて感じですが、チャームだけ変えてコウモリにしました。こちらはスケルトンハンドと違ってそのまま付けれます。
DSC_0147

本当はハロウィンなんでカボチャの何かを付けたかったんですが、ちょうどいい小物が見当たらなくて…。でも、安くて簡単な割には、なかなかいい感じで気に入りました。多分、所要時間は五分もあれば作り終わるかと。最近は百均でこういう小物が充実してるので助かりますね。皆さんもお気に入りの飲み終わったウイスキーボトルでハロウィンを演出してみてはどうでしょうか。ではでは、ハッピーハロウィーン。

IMG_20181211_161145_391

バーボンの空き瓶を活用して、プチプラリメイクでお洒落なインテリアにするこの企画、今回はクリスマスシーズンということもあり、メーカーズマークのカスクストレングスの瓶を使用して、クリスマス仕様にしてみました。

材料はいつものごとく百均で仕入れて来ました。先ずは瓶に浮き出た「Maker's Mark」の文字をガラスに書けるペンでなぞります。何度かやってるうちになぞるのが上手くなってきました(笑)。

2018-12-11-15-59-39

で、そうしたらポプリを瓶の中に詰め込みます。100均大手D社のポプリはいくつか色展開がありましたが、クリスマスカラーに合わせるためグリーンを選択。

2018-12-11-16-01-08

仕上げにサンタさんの帽子を被せたら完成です。これだけ家にあった物を使いましたが、百均でツリー用の飾りグッズに同じようなのがあるんじゃないかと思います。

メーカーズマークならではの垂れた蝋封とボトル形状のおかげで可愛いインテリアになりました。クリスマスが過ぎたら帽子を取れば一年中飾れます。皆様も是非~。

2018-11-25-19-24-05

バーボンの空き瓶を活用して手軽に安くオシャレなインテリアにするこの企画、今回はフォアローゼズのシングルバレルを使います。

このフォアロゼのシングルバレルのボトルは他にない形状であり、バラがエンボスで浮き出ていたり、ネックに革(本革?フェイク?どっちなんだろ)が巻いてあったり、とにかくカッコいいですよね。でも、中身を飲み干してしまうと肝心のバラが透明っていうのがちょっと…ね。だから、まず塗りましょ。ガラスに書けるペンを2色買って、バラをカラフルに。

2018-11-25-19-25-31-600x705

そして中にはポプリを詰め込みました。百均大手のD社で売ってるポプリは色展開がいくつかありましたが、バラの色に合わせて赤を選択。

DSC_0790

うん、なかなかシックでいい感じ。材料費300円にしては悪くないのでは? 

飲み終えたバーボンの瓶を、簡単かつ安価に見映えよく飾りましょうよ、というこの企画。今回はブレットバーボンです。このバーボンもラベルだけ剥がして取っておいてもあまりカッコよくないですよね、やはり瓶があってのデザインなので。

DSC_0792

ブレットは瓶にフロンティア・ウィスキーなんて書いてありますから、やはり枯れた風情が欲しいので先ずは園芸用のバークチップを入れました。そこにフェイクグリーンの切ったのを無理矢理詰め込んで、あとは瓶のエンボスをガラスに書けるペンでなぞるだけ。ペンの色をラベルのオレンジに合わせました。オレンジとブラウンとグリーンの配色がいい感じです。

はい、いつも通り作り方は雑です(笑)。文字のなぞり具合なんて、まあ酷い…。でも気にしなくても、なんとなく雰囲気出るんですよね〜。材料は百均で揃うので費用も300円。安くてなかなかカッコ良いのが出来た気がします。

2018-11-02-03-39-11

バーボンの空き瓶を簡単かつ安価に、ちょっと洒落たインテリアへとリメイクするこの企画、第三弾はフォアローゼズのプラチナ。バーボンとしては値段の高い部類に入ります。そのため瓶のデザインも凝ってますよね。これは捨てにくいです。かと言って空き瓶のまま飾っても、どうもカッコ良くない。

そこで今回は、今時のオシャレ女子に人気のハーバリウムにインスピレーションを得て作りました。
本物のハーバリウムは液体が入ってますが、私としては空き瓶に再度液体を入れて重くしたくなかったので、何とかドライな仕立てでそれっぽく見えないかと作り始めたものの、最終的には失敗でした。でも、記録として公開しておきます。

_20180719_004205

先ずは底にバークチップのちぎったものを入れ、次にフェイクドライフラワーを無理やり押し込みます。そして、透明/黄色/緑のセロファンを適当な配分で入れたら完成。

DSC_0839

ええ、そうです、全然ハーバリウムっぽくない(笑)。

DSC_0815

何かが違ってたみたいです…。でも、まあ綺麗ですよ。100均のフェイクドライフラワーもけっこうリアルですし、これはこれでよしとしましょう。細かいことを気にしないのがプチプラリメイクや簡単DIYの重要な要素です。

ウィスキーの空き瓶って、そのまま飾っても絵になりますけど、やっぱり中身がないとちょっと寂しいですよね。

そこで、プチプラリメイクでオシャレなインテリアにしちゃえ、という企画。100均を利用して安く、なおかつ簡単DIYなのが趣旨です。だから、瓶を切断するような加工は大掛かり過ぎるんでやりません。また、そもそもウィスキーが好きでやってますんで、元のデザインが何だか分からなくなるような加工もしません。あくまでお手軽かつオシャレになるように。

今回はこちら、ジョージアムーンというコーンウィスキーです。通常のウィスキーボトルと違ってジャー(口の広い瓶)に入ってるんです。

DSC_0970

中身は100均で購入できるポップコーンのもと。重くなりすぎないように、真ん中にトイレットペーパーの芯を加工した物を入れ中空にしてあります。それと、黄色だけだと寂しいのでアクセントに緑を入れました。これは模造ドライフラワーの葉をちぎって、田植えのように植えました(笑)。

DSC_0824

コーンの黄色に癒されますよ〜。

↑このページのトップヘ