IMG_20190303_191023_560

今宵の映画は1948年公開、MGMの傑作ミュージカル『イースター・パレード』。よく語られる映画なので、詳しくは映画サイトやマニアさんのブログでチェックを。楽曲は多くのスタンダード・ナンバーを産み出した稀代の作曲家アーヴィング・バーリンが手掛けています。ジュディ・ガーランドとフレッド・アステアという当代スターの共演は、始めから終わりまで見所満載。タップはリズム楽器だと魅せてくれる「Drum Crazy」、二人の芸達者ぶりが発揮されたコミカルな「A Couple of Swells」、共演者アン・ミラーの一世一代の名演に魅了される「Shakin' The Blues Away」等は私のお気に入りです。


けれども『イースター・パレード』で一曲だけ選ぶとしたら、どうしたってこれしかありません。今宵の一曲として取り上げる「ステッピン・アウト・ウィズ・マイ・ベイビー」。のっけから高揚感を煽るホーンに心を掴まれ、アステア至芸のタップと特殊効果のスローモーションは勿論、ファッションも最高でして、ボーターハットに白×茶コンビのスペクテイターシューズとか、もう堪りません。言うまでもなくアステアはシンガーではなくダンサーな訳ですが、気張りすぎないナチュラルな歌は常に好感を持てます。


"Steppin' Out With My Baby"
「マイベイビーとお出掛け」

If I seem to scintillate it's because I've got a date.
もし僕がきらめいて見えるなら、それはデートがあるから
A date with a package of the good things that come with love.
デートは良いことづくめ、恋の花咲こともある
You don't have to ask me. I won't waste your time.
僕に聞かないくていい、君らの時間を無駄にしたくない
But if you should ask me why I feel sublime.
でも敢えて聞くなら、なぜ僕が崇高な気分か(教えよう)

I'm steppin' out with my baby, can't go wrong, 'cause I'm in right.
僕はマイベイビーとお出掛け、間違いなし、だって僕(のやり方)は正しい
It's for sure, not for maybe that I'm all dressed up tonight.
確かだ、多分じゃない、今夜は全身めかし込んだ
Steppin' out with my honey, can't be bad to feel so good.
マイハニーとお出かけ、悪いはずない気分上々
Never felt quite so sunny and I keep on knockin' wood.
こんな晴れやかさ感じたことない、続け幸運ノッキンウッド
There'll be smooth sailin' 'cause I'm trimmin' my sails.
順風満帆、得手に帆を揚げてるから
With a bright shine on my shoes and on my nails.
僕の靴も爪もキラリと輝いてる
Steppin' out with my baby, can't go wrong, 'cause I'm in right.
マイベイビーとお出かけ、間違いなし、だって僕(のやり方)は正しい
Ask me when will the day be. The big day may be tonight.
その日はいつかって? ビッグデイは今夜かも


この曲はドリス・デイ版も有名です。近年ではトニー・ベネットも取り上げていますね。個人的にはトニーのソロよりクリスティーナ・アギレラとデュエットしたやつの方が好きです。やっぱりこの曲でアギレラちゃんの節回しが聴けるのは嬉しい。


さて、合わせたのはバーボンではなくライウィスキーのサゼラック・ライです。クラシックなロゴデザインとボトル形状がカッコいい。正直、好きな映画を観ながら飲むなら銘柄は何でもいいですよね(笑)。では今宵はこれにて。