タグ:バーボン



ここはバーボンだけが横溢する世界。

誰かが言った。

「ウィスキーが不味いならバーボンを飲めばいいじゃない」。

その言葉から世界は創造された。

バーボンを愛する人の安住の地であることを祈って。


※当ブログのタイトルは、敬愛すべきバーボン作家チャールズ・カウダリーの名著「バーボン、ストレート」とユニークなジャズ・ピアニストであるセロニアス・モンクの名曲「ストレート・ノーチェイサー」を繋げて名付けたものです。

2020-09-03-08-43-10


今宵の映画は『ジャッジ 裁かれる判事』。2014年のアメリカ映画です。謎が謎を呼ぶような法廷ミステリーを期待して観ると、実は家族の物語が主題のため、肩透かしを食らうとされ、脚本よりはロバート・ダウニーJrやロバート・デュヴァル他の俳優陣の演技が評価されています。個人的にも、悪くはないし、時間の無駄とは思いませんけれど、特別映画史に残る傑作とは言い難いという評価です。まあ、当ブログはバーボンのブログですから、粗筋や解説は映画評論サイトを参考にして頂くとして…、この映画なんとバーボンが劇中に登場します。ラベルはよく見えないし、ストーリーに関与する訳でもないのですが、ただ何となく劇中で飲まれているだけではなく、ちゃんとにセリフで触れられているのです。あのバーボン・マニアから愛される銘酒「エヴァンウィリアムス23年」が…。

2020-04-18-18-21-12
(イメージ)

エヴァンウィリアムス23年が登場するのは映画の後半、主演の二人演じる親子の間にすったもんだあった後、或る時ハンク(ロバート・ダウニーJr)が家に戻ると父のジョセフ(ロバート・デュヴァル)が秘蔵の酒を開けているのに気づき、そのことを訊ねる場面です。セリフでは「エヴァンウィリアムスだ。この子は23年物でね。1979年、ケンタッキーのバーズタウンにドライブしに行った時に買ったんだ。この子を千回は開けようと思ったけど、やらなくて良かったよ(今まで取っておいて良かった)」というようなことを言ってます。えっ? 1979年? 私の認識では、エヴァンウィリアムス23年は1980年代後半に日本向けに販売されたものだと思っていたのですが…。これってあくまでフィクションとしての映画の中での設定なだけなのか、それとも当時蒸留所内もしくはその近隣の酒屋限定とかで買えたのでしょうか? 1980年前後であればアメリカのバーボン需要は底辺だった筈です。ならば当時に売れなかったバレルから23年物のバーボンをリリースすることは可能ではあるような気も…。仔細をご存知の方は、是非ともコメントよりご教示いただければと思います。

今回の投稿はそれを言いたかっただけです(笑)。ではでは、皆さんも映画とバーボンのコンビネーション、お楽しみ下さいね〜。

2020-08-05-15-50-06
(画像提供N氏)

ブラックサドル・バーボンはカリフォルニア州フェアフィールド(旧住所はサンホゼ)の老舗ボトラー、フランク=リン・ディスティラーズ・プロダクツのブランドで、おそらく2014年頃から発売されたと思われます。同社の「バック」と同じようにカウボーイや馬をイメージ・ソースとしてバーボンと結びつけているのでしょう。フランク=リンは俗に言うNDPであり、原酒の調達元は一般公開されていませんが、日本で流布しているブラックサドルの情報ではヘヴンヒルとされています。ヘヴンヒルの12年熟成で90プルーフあるのであれば、エイジ・ステイトメントを失ったエライジャ・クレイグの代わりになれるバーボンなのかどうか?が気になるところ。ちなみに、ラベルには「ケンタッキー」も「ストレート」の文字もありませんが、フランク=リンのセールス・シートによるとケンタッキー・ストレート・バーボンと明記されています。
2020-08-21-17-07-33

今回のブラックサドルの紹介はInstagramで知り合ったバーボン仲間のNさんからサンプルを頂いたことで実現しました。何の前触れもなく送られて来たサプライズでした。Nさん、写真のお手間も含めこの場を借りて改めてお礼申し上げます。ありがとうございました! では、飲んだ感想を少し。

2020-08-06-20-38-57
(画像提供N氏)

2020-08-27-20-59-29_copy_244x318
BLACK SADDLE 12 Years 90 Proof
ボトリング年不明(2016〜18年頃?)。チャードオーク、ヴァニラ、コーン、ベーキングスパイス、レーズン、ビターチョコ。香りは比較的「小さく」、パレートでも風味は弱め。ほんのり甘い香りと典型的なバーボン・ノートがバランスよく見つかるが、基本的に焦樽が中心のアロマとフレイヴァー。12年という熟成年数ならば、もう少しダークなフルーツ感が欲しいし、余韻に深みも欲しい。空気に触れさせたアロマがハイライト。
Rating:81.5/100

Thought:確かに近年のヘヴンヒルぽい味わいに感じました。ただ、日本語でブラックサドルを検索した時に出てくる一部の情報では、良質な樽を買い付け云々とあるのですが、ヘヴンヒルのように自社ブランドもリリースする会社がバルク・ウィスキーの販売をする場合、過剰在庫を抱えているのでなければ、それほど優良なバレルをそちらに回すとは思えず、私にはブラックサドルは平均的なバレルから造られているように感じます。現行のボトルデザインが変わった後のエライジャクレイグNASを私は飲んだことがありませんが、多分大差ないんじゃないかなという気が…。何故かこのブラックサドルにはあまり熟成感を感じにくいのです。飲み比べたことのある方はコメントよりどしどし感想をお寄せ下さい。

Value:アメリカでは4〜50ドルが相場。現在の日本ではネット通販は売り切ればかりで、安定的な輸入はされてないようです。少し前は3500円ちょいで購入出来た時もあったみたい。個人的にはその金額を出すのなら、エヴァンウィリアムス(特に赤もしくは白)かエライジャクレイグを購入したほうがいいと思います。ただし、ボトルやラベルは高級感があるので、それが気に入れば買うのはありでしょう。そこにこそ価格の違いの大部分が存するのですから。

2020-04-11-16-41-13

オールド・ミスター・ボストンは、禁酒法の終わりに、マサチューセッツ州ボストン近隣のロクスバリーに設立されたベン・バーク・インコーポレイテッドのブランドでした。社名は創業者の二人、アーウィン・"レッド"・ベンジャミンとハイマン・C・バーコウィッツのファミリーネームの前半を繋げたものと思います。彼らはオールド・ミスター・ボストンのブランド名で、ウィスキー、ジン、ラム、ブランディ、コーディアルやリキュールまであらゆる蒸留酒のフルラインを販売していました。
2020-04-09-02-48-33-305x403
(1940 Life Magazine)

PhotoGrid_1586517029138

またコレクターに知られる記念ボトルやデカンターを様々な形とサイズや素材で販売し、そのレンジにはシンプルなガラス瓶からより精巧な人形やモデルに至るまであります。それらの中でも、おそらく最も有名なのは1953年大統領就記念ボトルでしょう。ボトルの後ろには、それまでの全てのアメリカ大統領のリストがプリントされています。
PhotoGrid_1586594132724-480x480

蒸留所は1010マサチューセッツ・アヴェニューにあり、1933年から1986年当時の親会社だったグレンモア・ディスティラーズが操業を停止するまでボストン地域の主な雇用主でした。オールド・ミスター・ボストンが活動していた建物は、現在ではボストン市が所有しており、1970年代にその半中毒性のフレイヴァー・ブランディで最もよく知られていたにも拘わらず、皮肉なことに、市検査サーヴィスの本部として使用されている他、ボストン公衆衛生委員会や暫定支援局などの機関が入っているようです。
_Boston_(66997)
(WIKIPEDIAより)

時の流れと共に一連のオーナーシップの変更を通じ、ブランドは変化を被りました。オールド・ミスター・ボストンは1933年の創業から1970年までは独立した事業でしたが、その年にグレンモアに買収されます。当時グレンモアは米国で最大クラスの蒸留酒を製造/販売する会社の1つでした。グレンモアの所有下でも、全ての事業がルイヴィルに移された1986年までは、ボストンの本拠地は操業を続けていました。
1980年頃にグレンモアは、ブランドを現代風にするため、或いは「ボストン氏」をより若い男として描写するため、その渾名から「オールド」をなくしました。ちなみにラベルの印象的な肖像画の人物、ビーヴァー・ハットを被ったディケンジアンのような、ヴィクトリア王朝時代風の紳士に見える「ボストン氏」は架空の人物です。1987年には「ミスター」まで取り除かれ、遂にシンプルな「ボストン」となり、ロゴは飾り気のない「B」になりました。
1991年になると親会社のグレンモアはユナイテッド・ディスティラーズ(現在のディアジオの母体)に買収されます。この期間の業界統合で典型的だったのは、買収する側の企業は大抵の場合、買収した企業の資産の一部しか必要とせず、残りをすぐに売却することでした。ユナイテッドは例に漏れずそうしました。1995年にニューヨークのCanandaigua Wine Co.(後のコンステレーション)傘下のバートン・ブランズが「ボストン」を含む多数の破棄されたブランドを購入し、生産を再開、その時に名前を以前の栄光に似た「ミスター・ボストン」へと戻しました。バートンは、リキュールとコーディアルのラインにこのブランドを使用しています。その後の2009年、バートンの親会社コンステレーションもユナイテッドと同じ事をし、ミスター・ボストン・ブランドを含むバートン・ブランズをニューオーリンズのサゼラック・カンパニーに売却しました。それからはサゼラックが所有し続け現在に至ります。

2020-04-11-17-16-10-222x369
「オールド・ミスター・ボストン」の名は蒸留酒のブランドだけでなく、プロ/アマ問わずバーテンダーやミクソロジストに「聖書」として参照された小さな赤い本「オールド・ミスター・ボストン・オフィシャル・バーテンダーズ・ガイド」でも知られています。
禁酒法が廃止されたことでアメリカにバー・タイムとカクテル・アワーは甦りました。ウィスキー、ジン、ラム、リキュール等を取り揃えたオールド・ミスター・ボストン・スピリッツの製造元であるベン・バーク・インコーポレイテッドは、蒸留所が再び営業を開始した禁酒法廃止後の初期段階に「ガイド」を作ることを決めます。オリジナルのガイドはオールド・ミスター・ボストンの購入エージェントであるレオ・コットンによって編纂され、彼は四人の「オールド・タイム・ボストン・バーテンダーズ」と協力してそれを作成しました。ガイドは大成功を収め、初版が1935年に出版されて以降、時代に合わせて改訂と更新を繰り返し、長年に渡って発行されました。レオは本業そっちのけで改訂作業に熱を入れたなんて話もあります。そのガイド・ブックは、史上初のカクテル・ブックでもなかったし、現代的なミクソロジー・ムーヴメントを正確に反映した書物でもないでしょう。けれども伝統主義者には試金石として重要な書物であり続けたのです。
ミスター・ボストンの現所有者であるサゼラックは2016年7月に新しいウェブサイトを立ち上げました。「ミスター・ボストンの本は禁酒法以来、アメリカのカクテルの進化をカヴァーしていますが、悲しいことに何年にも渡ってほったらかしにされていました」とサゼラック・カンパニーの社長兼最高経営責任者マーク・ブラウンは語ります(以下、鉤括弧はマークの言)。サゼラックは自身のカクテル開発における役割からの帰結として、自らの会社の歴史をミスター・ボストンの歴史に統合しました。「私たちの会社とそのブランドの繋がりは、サゼラック・カクテルだけでなく、カクテル・カルチャーの代名詞であるニューオリンズの私たちの伝統とも密接に関連しています。プロフェッショナルとアマチュアのミクソロジストのための〈頼りになる〉サイトとして、少なくとも80年間はブランドの未来を確保するように全てを纏めるのは自然なことでした」。このウェブサイトではオフィシャル・バーテンダーズ・ガイドをデジタル形式で見ることが出来ます。「私たちはスピリッツ業界の人々やホーム・バーでカクテルを作る人々にとって、これが真のリソースになることを望んでいるのです」。
2020-04-13-08-29-08

さて、今回飲んだのは昔のオールド・ミスター・ボストン・ブロンズ・ラベル。ブランドのラインナップの中でもバーボンは一部に過ぎませんが、そのバーボンの中でもブロンズ・ラベルがどの程度の位置付けなのか調べてもよく分かりませんでした。一般的に「ブロンズ」と言うとトップ・クオリティとは考えにくい色と思われますがどうなのでしょう? と言うか、そもそもゴールドとシルヴァーはないみたいなので、なにゆえ敢えてブロンズなのか気になるところです。
私が飲んだボトルのバック・ラベルは、本来、熟成年数が記述されている場所にインポーター・シールが貼られ見えません。ですが、殆ど同じと思われるボトルの他の画像をネットで見てみると、どうやら6年熟成と書かれているようなのです。そしてラベルにはデカデカと「ケンタッキー・ストレート・バーボン・ウィスキー」の文字。6年熟成のKSBWならば、ほぼほぼ良質なウィスキーと言って良いかと思います。ただし、ラベルにはケンタッキー州○△□とは書かれておらず、一体どこの蒸留所産かは見当も付きませんが…。

ところで、ラベルに記載された所在地なのですが、マサチューセッツ州ボストンはオールド・ミスター・ボストンの本拠地だから分かり易いですよね。次のジョージア州オーバニーは、あの有名な未熟成コーンウィスキーのジョージアムーンを造っていたヴァイキング・ディスティラリーのことを指しているのも間違いないでしょう。オールド・ミスター・ボストンは60年代初頭にそこを買収しています。で、最後のフロリダ州レイクランド、これが分かり辛い。今でこそ(2000年以降)フロリダ州にも多くのクラフト蒸留所は設立されてますが、一昔前はおそらく一つしかありませんでした。それは1943年に設立されたフロリダ・フルーツ蒸留所です(ライセンス#1)。柑橘類を蒸留してアルコールを造っていたからその名前だったのでしょう。現在はフロリダ・カリビアン・ディスティラーズと知られ、かなり大きな規模の蒸留所らしく、毎年1000万ガロンのワイン、ビール、スピリッツを生産し、自社ブランドに加えてバルク・スピリッツを様々なボトラーや飲料会社に販売、アメリカ南東地域で最大の契約ボトリング施設の一つとして高速生産ラインは年間1500万ケースを生産する能力を持っているとか。75年以上の運営を通じて世界中のほぼ全ての主要なスピリッツ企業のためにボトリングして来たと言います。おそらく昔からスピリッツのバルク販売や契約ボトリングをしていたと思われますが、ここをオールド・ミスター・ボストンが所有していた時代があったのか? それとも単なるボトリング契約を結んだだけなのか? 或いは全く関係ないのか? 誰かご存知の方はコメントよりご教示頂けると助かります。では、最後に飲んだ感想を。

PhotoGrid_1586525591799
OLD Mr. BOSTON BRONZE LABEL 86 Proof
今回はバー飲みです。せっかくバーに来たからには珍しい物を飲みたいと思い、こちらを注文したのですが、先日まではなかった液体の濁りが見られると言うことで、提供を断られてしまいました。しかし、その後マスターの一声で何とか頂くことが出来ました。なので開封したてとはその味わいに大きな変化があるかも知れません。

推定69年ボトリング。かなりフルーティなバーボンという印象。軽やかな酒質ながらしっかりとしたフレイヴァー。時間の経過でフルーツ香からキャラメル香へと変化。多少、酸化した風味に思えなくもないが全然美味しく飲めた。
Rating:83.5/100

_20200326_163349
DSC_0342
DSC_0341

先日、久し振りにバーへ遠征して来ました。お邪魔したのはバーボン好きなら誰しも知っている埼玉県大宮のBar FIVE。となると大袈裟に言えばバーボン巡礼の旅という訳ですね。

FIVEのオープンは1998年。元々の店名はファイヴ・ハンドレッドだったと言います。その名の由来は、ウィスキーもカクテルもビールも料理も全て500円だったから。しかも当時は営業時間も夕方5時から翌朝5時だったとか。マスターが「5」を好きなのですかね? そこのところは聴きそびれちゃいました。
あの多くの被災者を生み出した東日本大震災の折り、FIVEも無害だった訳ではなく、200~300本の貴重なオールドボトルが失われたそうです。するとオーナーのマスターはすかさず移転を決め、数ヵ月後には近くの現店舗へ移りました。旧店舗はレッド・ゼッペリンの似合うもっと猥雑な雰囲気だったそうですが、現店舗は黒と白を基調とした小粋なジャズの似合うシックな雰囲気です。

FIVEは基本的にオールドボトル専門で現行品は置いてなく、2000年以前の希少なボトルがずらりと並んだバックバーは壮観であり、それ目当てに県外や果ては海外からもお客さんが訪れるのですが、それだけのバーではありません。寧ろ、強面だが優しくユーモアのあるマスターと気遣いの出来るバーテンダーさんお二人のホスピタリティこそが最大の魅力。バーは「お酒」よりも「人間」に引き寄せられて行く場所だと実感しました。バーテンダーさんの「常連様に支えられています」と云う言葉に深く納得です。ここには酒の自慢話とウンチクだけを語る下品な輩は似合わない。ハイエンド・バーほど畏まりすぎず、居酒屋ほどくだけすぎない、絶妙なバランスはとても居心地が良いのです。

そして「日本一鍋を振るバーテンダー」と異名を取る漢が造るメニューの無い料理もウリの一つ。私は苦手な食材だけを告げてオススメを造ってもらいました。彼の腕前は近隣の会社からデリヴァリーの依頼が来るほどなのです。私が居た時間も注文がけっこう立て込み、来店のお客さんの分もあったので、忙しく料理を造り続け、更には配達まで行っていました。おかげで残念なことに彼とは会話が殆どできず仕舞いでした(笑)。

レアなバーボン目当てで行くのもいいでしょうし、ただ飲んで楽しみたいだけで行くのもいいでしょう。バーボン以外のリカーやカクテルもあり、落ち着いた薄暗い店内と洒落た料理の提供は女性一人でも入りやすいバーでもあります。また不定期で週末にジャズ・ライヴが催されたり、月1でウイスキークラブという厳選されたラインナップを安価に提供するイヴェントもあります。

あと、珍しいのが、これだけの品揃えのバーにしてはランチ営業までやっているところ。なんでもメニューはカレーだけだそうで、サラダとドリンク付きの500円ワンコイン・ランチ。FIVEの由来からして想像通りのお値段。そしてメニューが一種ゆえに吉野家並みのスピードで提供されるのだとか(笑)。気になる方は食べログやRettyで調べてみて下さい。

FIVEは、バーボンの品揃えに関しては少なくとも関東でベスト「5」に入る名店です(ええ、もしかしたら一番か二番かも知れませんが、敢えてこう言いました)。関東圏、もしくは埼玉へお越しの際は是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。あ、メンバー外の方は事前予約が無難かと思われます。訪問される際は一応お店に確認して下さいね。


BAR FIVE
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-223 モナークヴィラ1F
048-644-3550

ランチ営業
平日のみ 11:30~14:00(売り切れ次第終了)

バー営業
平日 17:00〜26:00
祝日 17:00~0:00

フェイスブック

インスタグラム

ユーチューブ


IMG_20191218_205338_347

ケンタッキー・ヴィンテージはウィレット蒸留所(KBD)が現在リリースしているスモールバッチ・ブティック・バーボン・コレクションの四つのうちの一つです。そのうち最も安価なブランドで、その他のラインナップはピュア・ケンタッキーXO、ローワンズ・クリーク、ノアーズ・ミルとなっています。このコレクションの成立は、おそらく90年代後半ではないかと思いますが、ケンタッキー・ヴィンテージだけもう少し前から一部の国へ向けてボトリングされていました。その頃の物は、現在のような茶色系のラベルではなく、白地に青と赤のトリコロールが印象的なカラーリングでした。ケンタッキー・ヴィンテージの起源は明確ではないのですが、私の知っている限り最も古いのは、ラベルに艶のない「15年101プルーフ」です。これは80年代後半あたりに当時のKBD(プレミアム・ブランズLTD)の社長エヴァン・クルスヴィーンが日本向けに発売した一連のプレミアムな長期熟成原酒の一つかと思われます。多分その後に艶のあるラベルの「12年101プルーフ」と「13年94プルーフ」が90年代初頭に発売されたと推測しています。
2019-12-18-08-01-40
レギュラー製品としてケンタッキー・ヴィンテージが発売された後にも、2000年には、上記と同じ艶のある白青赤ラベルで、ネック部分には熟成年数の替わりに蒸留年ヴィンテージが示されつつ蒸留日とボトリングの日付を手書きで記したシールが貼られ、ブルゴーニュ・スタイルのワインボトルにブルーのワックスで封された「1974」が日本限定で発売されました。またその他に発売年代が判別できませんが、おそらくヨーロッパ向けと思われる薄紫色のバッグ付きの「1973」と「1974」というヴィンテージ表記の物もありました。両者ともにワイン・タイプではないボトルですし、デザイン的に90年代初頭ぽい気が…。ここら辺までの初期ケンタッキー・ヴィンテージに精通している方は是非ともコメントより情報提供お願いします。
PhotoGrid_1576578047571

ケンタッキー・ヴィンテージのそもそもの製品コンセプトは、その名前からしてケンタッキーに長い間眠っていた長期熟成原酒をボトリングすることだったのだと思います。初期の物や限定リリースの物こそその名に相応しいとは思いますが、どういう訳かスモールバッチ・コレクションに再編されました。ウィレットのスモールバッチのバッチ・サイズはせいぜい12バレル程度とされ、選択を18〜20バレルから始めて絞り込むのだとか。そして初期の物と違いレギュラーのケンタッキー・ヴィンテージはNASです。熟成年数に関しては、2011年頃の情報では5〜10年、もう少し前の情報だと6年~12年とされていました。こうした極端に少ないバレル数のバッチングであること、NASであることを考え合わせると、バッチ毎の味の変動が大きい可能性はあるでしょう。バッチ毎は言い過ぎとしても、需要と供給の変化により選択する樽の構成を調整し易いのがNASの利点ですから、少なくとも生産年度に数年の違いがあれば、味わいの変動は十分考えられます。ちょっと明確な時期が判らないのですが、コレクションに編入された時から2000年代半ば(もしくは後半?)までは、色の付いた首の長い独特な瓶にボトリングされていました。その後の物も首は長めですが、もう少し一般的な形の透明の瓶に切り替わります。こうした外見の変化、パッケージのリニューアルは中身の大幅な違いをも表しているかも知れません。
2019-12-18-08-08-09-107x410

元ウィレット蒸留所のKBDことケンタッキー・バーボン・ディスティラーズ社は、80年代初頭に訳あって蒸留を停止してから長きに渡ってボトラーとして活動して来ました。そのため原酒を他所から調達しており、その殆どはヘヴンヒル蒸留所からと目されています。それが変わったのは2012年。長年の自社蒸留復活の夢が遂に叶い、蒸留を再開したのです。そして、それから数年を経て、自社蒸留原酒をボトリングし始めた、と。そこで新しいケンタッキー・ヴィンテージの登場です。
2019-12-14-16-36-58
(写真提供K氏)
画像で判る通り、ボトル形状が少し変わりました。新しい物は首が少し短くなり、肩周辺がより丸みを帯びたシェイプになっています。おそらく2017年もしくは2016年のバッチあたりから新しい物に切り替わっているのではないかと推察していますが、皆さんのお手持ちのバッチ情報があったらコメントよりお知らせ下さい。

さて、今回は私の手持ちの推定2017年ボトリングのケンタッキー・ヴィンテージをレヴューするのですが、親愛なるバーボン仲間でありウィレット信者のK氏から二種のサンプルを頂きまして、そのお陰でサイド・バイ・サイドによるちょっとした比較が可能になりました。男気溢れるK氏には掲載画像の件も含め、改めてこの場でお礼を言わせてもらいます。ありがとうございました。
で、その二種のサンプルは、一つが推定2018年ボトリングのもの。これにより半年~一年差のバッチ違いの比較が出来ると想定しています。もう一つは推定2010年ボトリングのもの。こちらでは原酒の違いを比較できるかと思います。では、飲み比べてみましょう。

DSC_0189
2019-12-09-08-45-45
Kentucky Vintage 90 Proof
BATCH QBC No. 17-62
推定2017年ボトリング。蜂蜜、熟したプラム、トーストブレッド、チャードオーク、グレープ、コーン、パイナップル、梅干。さらりとした口当たり。パレートはモルティな風味とフレッシュフルーツ。余韻は豊かな穀物と穏やかなスパイスが割りと長く続く。
Rating:87/100

PhotoGrid_1576310628702
Kentucky Vintage 90 Proof
BATCH QBC No. 18-10
推定2018年ボトリング。バッチ17-62とほぼ同様なフレイヴァー・プロファイル。強いて言うならポップコーンぽさが強いのと、オークのバランスがやや違うような気もするが、それは酸化の進行状況の違いかも知れず、概ね同じものと見做していいと思う。
Rating:87/100

PhotoGrid_1576310676814
Kentucky Vintage 90 Proof
BATCH QBC No. 10-174
推定2010年ボトリング。上記2つより色は濃いめ。金属、薄いキャラメル、木材、コーンブレッド、ホワイトペッパー、クローヴ。ちょっとメタリックな匂い。味はビター感が強めで甘さが足りない。余韻はスパイシーでさっぱり切れ上がる。
Rating:81.5/100

Thought:現行のケンタッキー・ヴィンテージは、渋いラベルからは想像もつかないデリケートなフルーティさに満ち、なんと言うか原酒本来の穀物感が活きたバーボンだと思いました。現在のウィレット蒸留所には6種類のマッシュビルがあるとされ、その内訳は、

①クラシック・バーボン・レシピ
(72% Corn / 13% Rye / 15% Malted barley)
②ロウ・ライ・バーボン・レシピ
(79% Corn / 7% Rye / 14% Malted barley)
③ハイ・ライ・バーボン・レシピ
(52% Corn / 38% Rye / 10% Malted barley)
④ウィーテッド・バーボン・レシピ
(65% Corn / 20% Wheat / 15% Malted barley)
⑤ハイ・コーン・ライウィスキー・レシピ
(51% Rye / 34% Corn / 15% Malted barley)
⑥ロウ・コーン・ライウィスキー・レシピ
(74% Rye / 11% Corn / 15% Malted barley)

と、なっているようです。一瞥して気付くのはモルテッドバーリーの配合率の高さですよね。これはもしかすると商業用酵素剤を使用していないのかも。それは偖て措き、ケンタッキー・ヴィンテージです。KVのマッシュビルは公表されていませんが、個人的には③一種もしくは少なくとも③を中心としたブレンドではないかと感じました。飲んだことのある皆さんはどう感じたでしょうか? どしどしコメントをお寄せ下さい。
一方のヘヴンヒル原酒と目されるバッチ10-174は、フレイヴァー・プロファイルが全く異なります。異なるだけでなく、ウィレット原酒とは正直言ってレヴェルが違うと思いました。私の好みにウィレットの方が合っていたとは言えますが、そもそもアロマの強さと余韻の広がりが段違いなのです。それとバッチ17と18を飲み比べた結果、ここまで似ているのなら、今後も安定してこの味でリリースされると予想されるでしょう。ウィレット蒸留所に拍手を、 そしてブレンダーの腕に乾杯を。

Value:ケンタッキー・ヴィンテージの現行製品の日本での販売価格はだいたい3500円前後が相場でしょうか。その価格帯の製品としては、ハイエンド感を演出するワックス・スタンプとワックス・シールドが施された外見はとても魅力的です(ただし、スクリュー・キャップとラベルの質感は安っぽい)。そして外見に劣らず中身がこれまた素晴らしいときたらオススメでない訳がありません。個人的な印象としては、焦樽感で押し通すタイプのバーボンではないので、普段スコッチやジャパニーズウィスキーを飲まれる方にも好まれるのではないかと思います。そして何より、現行製品は旧来のヘヴンヒル原酒の物とあまりにも違いがありますので、昔飲んで印象に残らなかったという方には是非とも再チャレンジして頂きたい銘柄です。


追記:ウィレット蒸留所と縁の深いバーGのマスターより情報頂けました。最近の物はマスターブレンダーJ.O.氏による21樽のバッチングだそうです。
またマッシュビルは①との情報が入りました。

DSC_0085

バーボンの空き瓶を手軽にオシャレなインテリアにするこの企画、すいませんが、今回はこれまでのプチプラ百均リメイクを離れまして、もう少しお金を掛けました。作り方も、前回までより手間が掛かります。

使用した瓶は若者からバーボン愛好家まで世界中で人気のブレットバーボンです。フロンティアウィスキーとも名乗っており、禁酒法以前の西部開拓時代でも思わせるようなボトルデザインが秀逸で、リメイクDIYにピッタリな素材かと。瓶自体に施されたエンボスの文字が雰囲気出るんですよね。

で、今回はDIY愛好家の定番バターミルクペイントを塗ってアンティーク感のある陶器の花瓶ぽく仕上げようと思いました。ところが、見事なまでに失敗…。バターミルクペイントをただ塗るだけだと面白くないと言うか、単調になるかと思ってクラック加工もやってみたのが失敗の原因です。DIYで塗装をやる人なら見ればわかると思いますが、まともにひび割れが起きてないし、ところどころダマになっちゃいました…。でも、まあ、素人の作業なんだしそれも味ということで公開しておきます。

当ブログはDIYブログではないので細かい技術や材料の特性については省略します。ググればすぐ見つかりますので、専門のサイトを参照下さいね。

先ずはボトルに貼り付いてるラベルを綺麗に剥がす作業から。90年代のボトルと違って最近のバーボンのラベルは比較的剥がしやすいです。ブレットのラベルはゆっくり捲って行けば比較的綺麗に剥がせますが、焦るとノリが残ったりします。そんな時はシール剥がし剤があればそれを使ってもいいんですが、ジッポオイルでも代用できますよ。

2019-07-24-21-48-48-194x398

ラベルを剥がし終わり、残った粘着も綺麗にしたら、次はペイントする前に、ペイントを施す素材がガラスなので、定着剤を塗布します。そうしないと、ちょっとぶつけただけで塗装が剥げてしまうんです。ホームセンターで買いやすい染めQ社の「ミッチャクロン」を使いました。これを塗布するとガラスが曇ったような見た目になり、粘り気が出ます。

2019-07-24-21-49-18-204x466

ではいよいよ塗装なんですが、クラック加工の場合、下塗りと上塗りは異なる色が必要なので、今回は下塗りの色はボトル本体をオールドビレッジのドレッシング・テーブル・ブルー(レトロな水色)、キャップをブラックにしました。

2019-07-24-21-42-50-223x281

塗料が乾いたら今度はクラック加工のキモであるオールドビレッジの「オールクラックアップ」を塗って行きます。この製品はターナー社のクラック剤と違って乾かしてから上塗りをするので注意してください。

2019-07-19-10-49-13-479x482

そして最後に上塗りです。上塗りするペイントの色は、ボトル本体をオールドビレッジのオールド・ピクチャー・フレーム、キャップはターナーのゴールデン・レッドにしました。クラック剤を塗った方向とはとは逆方向に一回で塗って行きます。

2019-07-24-21-42-16-366x511

先に述べたように想像していたようにはクラック加工がうまく仕上がらなかったのですが、味と言えば味に見えなくもない、いや味だ、そう思おう(笑)。キャップを外して本当に花瓶にも出来ますし、そのままオブジェでもいいかと。

PhotoGrid_1563862859266

作り終えてから思ったのですが、クラック剤の上から塗るペイントを一回で仕上げるのが難しかったので、これならターナーのダストメディウムで仕上げた方がよかったかな、なんて。多分そっちのほうが難易度は低いでしょうね。でも、気に入りましたよ、なかなかカッコいい。

2019-04-26-16-39-52


Bourbon Blands List


【W】
W.B. Saffell─Whiskey Barons Collection, campari
W.H. Harrison Bourbon─Tipton Spirits
W.L. Weller Special Reserve
W.L. Weller Texas Sesquicentennial Ceramic Decanter
Waitsburg Bourbon Whiskey─NAS 94p, Cask Strength 120p, Oola Distillery
Walker's de Luxe─Peoria, Bardstown
Walking Stick
Walter B's Bourbon
War Eagle─previously Levecke
Wasmund's Single Malt Whisky─Copper Fox Distillery enterprises LLC
Waterfill and Frazier
Wathen's─bottled by Frank-Lin Distillers for Charles Medley
Wathen's Barrel Proof
Wattie Boone & Sons American Whiskey
Well-Made Blended Whiskey
West of Kentucky Bourbon Whiskey No.1─NAS 94p, Sonoma Distilling
Westchester Wheat Whiskey─Less than 4 years 90p, StillTheOne Distilling
Western Provisions Bourbon
Westridge─HH
Whiskey Row Bourbon─Kentucky Artisan Distillery
Whiskey Sister
Whiskey Trails─Bottles for High Spirits Importing
Whistlepig Old World Rye
White Heart Bourbon─Hobson & Roberts
Whoop & Holler American Whiskey─Diageo's Orphan Barrel series, distilled at GD
Widow Jane Rye─Cacao Prieto
Widow's Walk Bourbon
Wigle Pennsylvania Rye Whiskey
Wild Boar─?y 80p, 12y ?p, KBD
Wild Turkey 8 Year
Wild Turkey 12 Year─BD, CGF, Sprit Label, Pseudo Sprit Label
Wild Turkey 13 Year─export
Wild Turkey 81
Wild Turkey 101
Wild Turkey 101 Rye
Wild Turkey 1855 Reserve
Wild Turkey American Honey
Wild Turkey Diamond Anniversary
Wild Turkey Kentucky Legend─Donut bottle
Wild Turkey Kentucky Legend─duty-free
Wild Turkey Kentucky Spirit
Wild Turkey Longbranch
Wild Turkey Master Distiller Selection
Wild Turkey Master's Keep─17y, Decades, 1894, Revival
Wild Turkey Rare Breed
Wild Turkey Sherry Signature─10y 86p, finished in Oloroso Sherry cask
Wild Turkey Spiced
Wild Turkey Tradition─14y
Wild Turkey Tradition─duty-free
Wild Turkey Tribute─domestic, export
Wildcatter
Wilderness Trail
Willett Family Estate Bourbon & Rye
Willett Potstill Reserve
William Heavenhill─Gleen Label 15y 144.6p, Red Label BiB 
William Lalue Weller─BTAC
William Wolf Bourbon
Winchester Bourbon
Winghart's Bourbon & Rye─PA Private Label Spirits
Winn-Dixie Liquors Genuine Kentucky Bourbon Whiskey
Wilson
Woodford Reserve Distiller Select─Brown-Forman Cor.
Woodford Reserve Double Oaked─Brown-Forman Cor.
Woodford Reserve Single Malt Whiskey─Brown-Forman Cor.
Woodford Reserve Rye─Brown-Forman Cor.
Woodstock
Woodward limited Bourbon Whiskey─4y 88p, Valentine Distilling
Wyoming Whiskey


【X】


【Y】
(The) Yellow Rose of Texas─Blue Label NAS 80p, Green Label 8y 90p, Yellow Label 12y 101p, Red Label 15y 101p, HH Export
Yellow Rose Outlaw Bourbon─Yellow Rose Distilling LLC
Yellowstone─Dant, Glenmore, Luxco
Yellowstone Limited Edition─2015, 2016, 2017, Limestone Branch Distillery
Yellowstone Select─Limestone Branch Distillery
Yippee Ki-Yay─High West Distillery


【Z】
Zachariah Harris
Zeppelin Bend Straight Malt Whiskey─NAS 90p, New Holland Artisan Spirits

2019-04-18-14-36-58


Bourbon Blands List


【T】
T.J. Pottinger Sugar*Shine─named for Thomas Jefferson "Jeff" Pottinger, Limestone Branch Distillery
T.W. Samuels─Deatsville
T.W. Samuels─NAS, BIB, Bardstown, HH
Taos Lightning─KGB Spirits
Tarnished Truth
Tatoosh─Bourbon NAS 80p, Rye NAS 86p, Whiskey NAS 80p, Tatoosh Distillery
Team Spirits Bourbon
Temperance Trader American Whiskey and some bourbon─Bull Run Distilling
Templeton Rye─Small Batch NAS 80p, Templeton Rye Spirits LLC.
Temptation Bourbon─Bardstown Barrel Selections
Ten Gallon Hat─ND, JB, HH, JP only
Ten High Bourbon and Bourbon Blend
Ten High Ten
Texas Crown Club
Texas Spirit─Founders Company
Thomas H. Handy Rye─BTAC
Three Chord Bourbon
Tim Smith Southern Reserve Wood-Fired Whiskey(Bourbon/Rye)
Tim Smith's Climax Moonshine
Tin Cup Whiskey─NAS 88p, Proximo Spirits
Tom Moore─NAS 80p, BIB(Local area)
Tom Sims
Town Branch─Bourbon NAS 80p, Rye NAS 100p, Alltech
Trader Joe's Bourbon
Trail's End─Finished with Oregon Oak, Hood River Distillers Inc.
Traverse City Whiskey Co.─Straight Bourbon Whiskey 4y 86p, Traverse City Whiskey Co.
Trey Herring's Bourbon
Troubadour Bourbon─The Original Texas Legend Distillery
Truce Bourbon
Trybox New Make
Two Bitch Bourbon─Two Bitch Spirits Ltd.
Two Stars
TX Blended Whiskey─Firestone & Robertson


【U】
Uncle Nearest 1856 Whiskey─distilled in Tennessee, previously bottled by Distilled Spirits Epicenter
Undo's U.53 Bourbon
Untitled No. 1 Whiskey─One Eight Distilling
Uprising American Single Malt Whiskey─NAS 80p, Sons of Liberty


【V】
Valinch & Mallet Tullahoma Bourbon
Van Winkle Family Reserve─Rye 13y 95.6p
Van Winkle Special Reserve─Lot "B" 12y 90.4p
Very Old Barton─NAS 80p, 
Very Old Colonel Lee─6y, 8y
Very Old Fitzgerald
Very Olde St. Nick (JP export)─12y 90p, 12y Barrel Proof 118.3p, 12y Barrel Proof 114.3p, 15y 107p, 15y Barrel Proof 118.7p, 15y Barrel Proof 114.8p, 17y 94p, 17y Cask Strength 116.2p, 17y Cask Strength 119.6p, 17y Barrel Proof 118.7p, bottled by JVW; 12y 90p, 12y Barrel Proof 114.3p, 15y 107p, 15y Barrel Proof 114.8p, 17y 94p, 17y Cask Strength 116p, 18y 94p, 18y 115.4p, 19y 94p, 19y Cask Strength 115.7p, 20y 94p, 20y 116.4p, 22y 81.2p, 23y 81.2p, 24y 81.2p, 25y 86.1p, bottled by KBD
Very Olde St. Nick (domestic bottlings)
Very Olde St. Nick Ancient Cask─No number 90p, 12 90p, 15 107p, not age statement
(Very) Very Olde St. Nick Christmas Dream 1989─80p
Very Olde St. Nick Summer Rye─NAS 80p, NAS 86p, NAS 98p, 9y ?p, KBD
Very Olde St. Nick Winter Rye─NAS 101p, KBD
Very Special Old Fitzgerald 12 Years Old─UD, HH
Very Very Old Fitzgerald─12y, 15y, 18y
Very Xtra Old Fitzgerald (10 year)
Vintage Bourbon and Rye
Virgil Kaine Bourbon & Rye
Virgin Bourbon─Black Label 7y, Green Label 10y, Gold Label 15y, Silver Label 21y
Virginia Black American Whiskey─80p, Proximo Spirits
Virginia Gentleman

2019-04-18-14-35-27


Bourbon Blands List


【Q】
Quality House
Quarter Horse Bourbon


【R】
(rī)¹─pronounce "Rye One", NAS 92p, JB
Racquet Club─Distilled in Bernheim
Rainbow Creek Bourbon
Rally Point Rye Whiskey─Still 630 LLC
Rare Perfection Bourbon & Rye─JP export
Rathskeller Rye─KBD bottling for Louisville's Grand Hotel
Rawhide Bourbon
Rebecca─HH export
Rebecca Creek Fine Texas Spirit Whiskey─NAS 80p
Rebel Yell─SW
Rebel Yell Bourbon & Rye─Luxco
Rebel Yell 10 Year 101 Proof Square Decanter
Rebellion Bourbon─Market Street Spirits, distilled at MGP
Red & Gold─15y 101p, KBD
Red Handed Rye─Treaty Oak Distilling
Red Hook Rye─bottled by Willett
Red Stag─Apple, Black Cherry, Honey Tea, Spiced
Red State Bourbon─for the 2012 election
Redemption─High-Rye Bourbon NAS 92p, Rye Whiskey NAS 92p, Straight Bourbon Whiskey NAS 82p, Barrel Proof Straight Rye Whiskey 6y 121.8p, Bardstown Barrel Selections
Reservoir─Bourbon Whiskey NAS 100p, Rye Whiskey NAS 100p, Wheat Whiskey NAS 100p
Resilient Bourbon─Strong Spirits, distilled in Indiana
Rhetoric─Diageo's Orphan Barrel series, distilled at Bernheim
Ridge Reserve Bourbon
Rieger's Kansas City Whiskey─92p
Rising Creek Bourbon & Rye
Rittenhouse Rye
Riverboat Rye─Bardstown Barrel Selections
Rock Hill Farms─mush #2, Age International, distilled at BT
Rock Town─Arkansas Bourbon Whiskey NAS 92p, Arkansas Rye Whiskey NAS 92p, Arkansas Hickory Smoked Whiskey NAS 90p, Rock Town Distillery
RockCastle Bourbon─Barrel House Distilling Co.
Rocklands BBQ & Grilling Co. Bourbon
Rogue Spirits Oregon Rye Malt Whiskey─Rogue Ales & Spirits
Rogue Spirits Oregon Single Malt Whiskey─Rogue Ales & Spirits
Rogue Spirits Rolling Thunder Stouted Whiskey─Rogue Ales & Spirits
Rolling-K─JP only
Roost Bourbon
Rose's "Purity" Rye─R.M. Rose Co.
Rosewood's 7 Year─Bardstown
Rough Rider─Double Casked Straight Bourbon Whisky NAS 90p, Three Barrel Rye Whisky NAS 90p, Long Island Spirits
RoughStock─Montana Bourbon Whiskey NAS 90p, RoughStock
Rowan's Creek─12y 101p, NAS 101p, Willett Distillery
Royale Club Blended Whiskey
Russell’s Reserve─Kentucky Straight Bourbon Whiskey 10y 90p, Single Barrel NAS 110p, Kentucky Straight Rye Whiskey
6y 90p, WT
Russell’s Reserve─1998, 2002, limited release
Rye Royal─Frank-Lin Distillers Products, distilled in PA
Rye Whiskey 30─Bourbon 30
Ryskie Rye Whiskey─Glenns Creek Distilling


【S】
Sagamore Spirit Rye─Sagamore Spirits
Saint Cloud Kentucky Bourbon
Saloon Bourbon & Rye─PA Private Label Spirits
Sam Clay─Yellow Label 6y BIB, White Label 8y 80p, 10y
Sam Houston─Bottled by KBD, McClain & Kyne
Sam Houston─NAS 86p, Western Spirits
Sam Sykes
Samuel Grant─Safeway brand
Samuels 1844─6y 101p
Sazerac─BTAC
Sazerac Rye─90p, Distilled at BT, Sazerac
Seagram's 7 Crown Blended Whiskey─now Diageo
Sec8onds Rye Whiskey
Setter
Shippen Bros. Bleu Sky Rye─Diversa
Single Oak Project─Buffalo Trace Distillery
Single Track Rye─Range and River Distilling
Sinister Rye─Redline Beverage
Sir Walter
Six & Twenty 5 Grain Bourbon Whiskey
Sixth Street Bourbon & Rye─Johnson County Distillery/Dime Box Distillery
Smoke Wagon Bourbon─H&C Distilling
Smokin' Joe's Bourbon & Rye─PA Private Label Spirits
Smooth Ambler Old Scout Bourbon, Rye and Corn Whiskey─Smooth Ambler Spirits
Smuggler's Notch Bourbon & Rye
Society of Bourbon Connoisseurs Cask Proof─Lawrenceburg, Bardstown
Southern─Bourbon Whiskey NAS 95p, Corn whiskey NAS 95p, Rye Whiskey NAS 95p, Thirteenth Colony
Southshot Bourbon
Southwell Bourbon
Speakeasy Select─KBD bottling for Louisville's Grand Hotel
Spirit of America Bourbon─Hobson & Roberts
Spirit of Today
Spirit Shop Bourbon
Spring House Bourbon & Rye
Spring Mill Bourbon─Heartland Distillers
Spring River─12y 86p quart, 12y 101p JP export, 15y 86p JP export, HH
Springs Bourbon
St. George Single Malt Whiskey─NAS 86p, St. George Spirits
Stagg Jr.─BT
Stave & Barrel Bourbon─Glenns Creek Distilling
Stephen Foster─Black Label 8y, HH
Stephen Foster Rye─local area, HH
Still Moon Corn Whiskey
Stillbrook─The American Distilling Co.
Stillbrook Deluxe─McCormick
Stillbrook Corn─BIB, The American Distilling Co.
Stillhouse Black Bourbon
Stillhouse Original Whiskey─100% Corn Whiskey
Stonebrook─8y BIB
StoneHammer Bourbon
Stoutheart Bourbon─Hobson & Roberts
Stranahan's Colorado Whiskey─2y 94p, Stranahan's
Stumphouse Whiskey─Distilled from wheat mash, Dark Corner Distillery
Stumpy's Old Monroe
Sumter's Reserve Bourbon & Rye
Sunny Brook
Sunny Glen─12y, HH
Sutton Club Blended Whiskey

↑このページのトップヘ