ケイト44

【名前】
通称エマ(Emma)。本名ではあるが、実際には外国文化に憧れを抱く日本人。漢字は咲眞。

【年齢】
27歳。

【職業】
古着屋の店員。もうそろそろ自分の店を持ちたいと思っている。しかし日々服を大量に購入するせいで開店資金が貯まらないのが悩み。

【性格】
寂しがり屋で泣き虫の少々かまってちゃん。

【好きなバーボン】
バーボンはなんでも好き。ニューもオールドも銘柄に拘りはない。飲んだことのない物はなんでもチャレンジしたい派。最近はライウィスキーも好んで飲む。

【好きなファッション】
30〜70年代のヴィンテージなスタイルを再現しつつモダンなツイストを入れるのを好む。ガーリーからマニッシュまで得意なファッション・アディクト。

【好きな髪型】
ビッグ・ボリュームのポンパドールとダックテイルを合わせたリーゼントがお気に入り。レトロなスカーフを合わせるのも好き。

【好きな音楽】
60年代のモータウン。ガールズ・ポップ。ロカビリーやオールディーズも。

【好きな映画】
『きみに読む物語』、『マディソン郡の橋』、『プライドと偏見』、『クライ・ベイビー』、『時計じかけのオレンジ』等。恋愛物やハートウォーミングなヒューマンドラマやファッション性の高い映画が好き。『アニー・ホール』から『ズート・スーツ』まで。

【好きな俳優】
ライアン・ゴズリング、ジョニー・デップ。

【エピソード】
高校時代からオシャレ番長で、友達のコーディネートを任されたことがある。古着屋で店頭に立っていると、あまりの存在感から女性客からも男性客からもよく声を掛けられる。
よく泣く。よく泣きすぎるので、昔のカレシに「お前のリーゼントは飾りか、カッコだけだな!」と罵られた。悔しくて更に涙が出た。彼女は決してオンナの武器として涙を使ったことはないのだが…。
よく泣く。よく泣きすぎるので、いっそ目の下にティアドロップのタトゥーを入れようとしたが、親にこっぴどく叱られて止めた。そして、また泣いた。

【経歴】
22歳の時に付き合っていた彼氏がバーボン飲みだったため、その影響からバーボンを飲み始めた。それほどバーボン歴は長くないが、バーボン愛は深いと自分では思っている。ただし、マ■ドナ◆ドのストロベリーシェイクは唯一バーボンより美味しい飲み物と思っており、それを公言して憚らない彼女は一部のバーボン飲みからは不評を買っている。

【その他】
基本的に自宅よりバーでシャレオツな雰囲気を楽しみつつバーボンを飲むのを好む。そのため世界的なCOVID-19のパンデミックによる自粛要請や時短営業は彼女にとって痛手だった。ぴえん。



2021-03-26-23-26-40

BSNC × Kazue Asai
キュートでパンクなお洒落ガールズを独特のタッチと感性で描く人気イラストレーターKazue Asaiさんと当ブログの異色のコラボレーション。

Instagramを通じて知り合ったKazueさんのイラストを見た瞬間、私はそのセンスに恋に落ちました。これはBSNCのオリジナル・イラストを描いてもらうしかない、と。それ以来、数年の間いつかバーボンガールの絵を描いてもらおうと思い続け、それが遂にようやく実現したのです。

初めKazueさんに話を持って行った時、彼女は「(描くの)女性でいいんですか?」とおっしゃいました。やはり「バーボン=男の酒」というイメージが強いからでしょう。私だってそういうイメージが好きでバーボンを飲んでいる一面はあります。けれども、私は言いました。「女性がいいんです!」。だって私がオンナ好きだから(嘘)。まあ、冗談はさておき、実際のところバーボンが男の酒というのは飽くまでイメージ。
近年アメリカのバーボン業界では、マリアン・イーヴス、ジャッキー・ジカン、アンドレア・ウィルソン等の名を持ち出すまでもなく、女性の活躍は著しい。彼女たちのようなバーボンの造り手側だけでなく、クラフト・カクテルやバーテンダーの世界でバーボンやライウィスキーが使用されることまで考えたら女性の活躍のほどは数え切れません。バーボンはアメリカ人が発明した遺産であり、全人類に開かれています。そこでKazueさんとタッグを組むからには、やはりガールを描いてもらい、女性とバーボンの素敵な関係を称揚する意図がありました。加えて私の個人的な趣味も大きく反映したキャラクターのイラストに…。

結果、奇跡が起きました。単なるイラストを超えて、思ってもみなかったオリジナルキャラが誕生したのです。これはKazueさんのセンスとアイディアがなければ起こらなかった化学反応でした。

Kazueさんはとにかく絵を描くのが楽しくてしょうがないというピュアなハートを持っています。しかも年度末の繁忙期にも拘らず私の依頼をスキマ時間に詰め込むタフさ、細かい注文や無茶振りに嫌な顔ひとつせず根気よく描き直すプロ根性もあります。また何よりKazueさんの人柄のお陰で打ち合わせはあり得ないほど楽しいものでした。最高のイラストをありがとうございます! 第二作戦もやるしかないよね?

Kazue Asaiさんへのお仕事依頼はこちらから。
audiard196@gmail.com

彼女のInstagramのギャラリーはこちらです。
https://instagram.com/kazue696?igshid=klp7laozh3e7

2021-03-27-08-04-12